「 仕事について 」 一覧

affinity

イチローとぼく

 イチローが現役を引退宣言しました。ぼくと野球は何の関係もないし、野球にも何の興味もないのですが、実は今日記しておくべき大事なことがあると思い、こうしてブログを書いています。ぼくは1989年、平成元年 …

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能になっ …

二松學舍大学で授業。教えることって大事だね。

今日は二松学舎大学文学部都市デザイン学科で授業をしてきました。「広告表現文化論」と「クリエイティブ概論」という2コマです。「広告表現文化論」は1960年代から2010年代後半の現在まで、広告表現の分析 …

地味な高品質。IWCが好きなんです。

ぼくの好きな時計と言えば、まずはPANERAIです。 次いでIWC。 ROLEXは過去DATE JUSTを持っていましたが、今はひとつもなし。 投資対効果と言う観点ならROLEXは確かに魅力ですが、 …

ぼくがかつていた「広告という名の狭い世界」について

東京コピーライターズクラブ(TCC)は、そろそろ解散すべきだと思う。 – コピーライターの目のつけどころ 数日前に投稿されて業界関係者の間で少し話題になったブログがある。書いた方はおそらく …

むかしむかし、女川で思ったこと

 ぼくはかつて大手広告代理店の博報堂という企業に勤めていました。そこでのぼくの仕事は商品をたくさん売るための仕組みや広告を考えることでした。その仕事は基本的に楽しいものでした。そう、平時なら。そもそも …