「 そのほかいろいろなことについて 」 一覧

onthehoseback

クルマは最高のアイデア開発装置だ

 ぼくは麻布十番にオフィスと自宅をまとめた職住近接のライフスタイルです。職住近接だから成り立つ部分もあるとは思いますが、自宅にクルマを保有しており、それを主に仕事で使用しています。麻布十番のオフィスの …

light

人間には光が必要なんだ。光がないなら、自らが光になればいい。

民主主義を擬態している社会  2019年10月19日読了。15歳を対象とした本ですが、日本人の大半は読むべきだと思います。マッカーサーは日本人のことを12歳の子供に譬えたと言われるが、まさに戦後70年 …

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能になっ …

mnp

21年目にして、さよならDOCOMO

つい先日、長年使っていたドコモからauにMNPを敢行しました やってみたらあっけない話だったけれど それに伴っていろいろなことを考えたので、記しておこうと思います。 まずはなぜMNPをしようと考えたの …

猫は後悔するか。野矢茂樹『語りえぬものを語る』

 今日は2月22日、つまり猫の日である。だからという訳ではないが、猫について少し書いてみよう。猫は賢い。これはおそらく正しい。もちろん人間の言語としての「賢さ」に概念定義されているが、おそらく猫の大半 …

大きな恐ろしいなにか、あるいは超越者と捕食者について

 ぼくがむかしむかし、女川で感じた無力感と虚無感を先日書きました。心にしまっていたものを取り出して眺めてみました。そこに後悔はありませんが、いまだに自らの無力を感じます。理不尽な現実は極めて強固で巨大 …

ぼくがかつていた「広告という名の狭い世界」について

東京コピーライターズクラブ(TCC)は、そろそろ解散すべきだと思う。 – コピーライターの目のつけどころ 数日前に投稿されて業界関係者の間で少し話題になったブログがある。書いた方はおそらく …

むかしむかし、女川で思ったこと

 ぼくはかつて大手広告代理店の博報堂という企業に勤めていました。そこでのぼくの仕事は商品をたくさん売るための仕組みや広告を考えることでした。その仕事は基本的に楽しいものでした。そう、平時なら。そもそも …

こう使えばいいじゃん。iPad pro+Apple pencil+penultimatesで手書きノート!

巷間、賛否両論のiPad proですが、僕は非常に重宝しています。使いこなしの秘訣はApple pencilによる手書き入力に尽きますね。この点でmacbookよりもiPad proを持ち出す頻度の方 …

Facebookの使い方ってこれでいいの?

毎日オフィスに行けばPCを立ち上げて、GoogleカレンダーとともにFacebookを眺める。いやそれ以前に朝起きてスマフォを手にした際にFacebookの更新情報が目に入る。これが多くの人の毎日だと …