GADGET

アップルウォッチの心拍モニタがCOVID-19の罹患を検知できるらしい、という話。

投稿日:

昨日入ってきたニュース

オヤジ世代のパーソナルヘルスケアデバイスとしてアップルウォッチをお薦めしているぼくですが、昨日さらに新たな情報が飛び込んできました。これはアップルウォッチに限らずですが、心拍モニタ機能を持つウェアラブルデバイスで、COVID-19の罹患が検知できるらしい、という話です。ソースは米CBSニュースで、複数のメディアがこれを報じています。

まずはハフィントンポスト。

Apple Watch、無症状でも新型コロナ陽性を検出可能? ヒントは心拍数だった…(研究報告)

Apple WatchやFitBitなどスマートウォッチにより、新型コロナウィルス感染症の症状が現われる数日前に陽性が検出できるかもしれないとの研究結果が報告されています。 米マウントサイナイ医科大学の研究者によれば、Apple Watchにより症状が現われるか検査を受ける数日前に新型コロナ感染を予測できるとのこと。その指標は「心拍変動」(Heart Rate …

続いてエンガジェット。

Apple Watchが無症状のうちに新型コロナ陽性が検出できるかもしれないとの研究報告 – Engadget 日本版

Apple WatchやFitBitなどスマートウォッチにより、新型コロナウィルス感染症の症状が現われる数日前に陽性が検出できるかもしれないとの研究結果が報告されています。

お次はiPhone maniaです。

Apple Watchで症状が現れる数日前にコロナ感染確認が可能に?

17 Apple Watch などのスマートウォッチやウェアラブルデバイスで、継続的に心拍数などを測定しておくと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が現れる前に、感染しているかどうかが判断可能になるとの研究結果が、米国を代表する医療機関および研究機関から発表されました。 ニューヨークのマウント・サイナイ・ヘルス・システムの研究者は、 Apple …

ソースが同じなのでどの記事も同じような内容ですが、まとめるとこんな感じです。

  • 米国マウントシナイ(Mt. Sinai)医科大学の研究者のレポート
  • 症状が現れるか検査を受ける数日前までに新型コロナ感染を予測できる
  • その指標(説明変数)は心拍変動である
  • 心拍変動は免疫システムの作用を測る良い尺度である
  • 新型コロナは体内に大きな炎症を引き起こすため、免疫が活性化する
  • それを心拍でモニタできれば感染を推測できる
  • 実際には「心拍の変動が少ない」ことが感染の兆候
  • 平常時は「心拍は変動する」が感染すると正常な機能が失われるため「心拍の変動が少なくなる」とのこと
  • 調査は2020年4月29日〜9月29日にかけて実施された
  • アップルは調査に資金を提供していないが、ティム・クックCEOは昨年9月にこの件に言及している
  • スタンフォード大学も別の研究を発表している
  • アップルウォッチ以外のガーミン、フィットビットなどのトラッカーを利用し、実験に参加したサンプルの81%が発症の9日半前までに心拍の変化を体験した
  • アクティブトラッカーにより検査を補完できる可能性を示唆
  • スタンフォード大学では心拍が長期間上昇している時に警告を発するシステムも開発

まだ医学的な検証が確定したというわけではないと思いますが、この実験結果はかなりの信憑性を持つのではないか、とぼくは思っています。

心拍でCOVID-19罹患がわかれば

これがどんな意味を持つかを考えてみましょう。これは極めて明快です。

❶自分が感染している可能性を判断できる
❷よって適切な治療を要請できる
❸無症状の場合は自己隔離など適切な措置を取ることができる
❹結果、感染の拡大を予防することができる

この感染症は、無症状で感染を拡大してしまう危険性が高い、というのが最大の特徴であり、それが問題です。多くの無症状者が無自覚に感染を広げてしまう可能性が高い。

この心拍モニタによる感染アラートが普及すれば、無症状者が自己隔離を判断するための極めて大きな助けになると思います。非常に画期的な発見ですよね。1日も早く医学的な検証を終え、アップルをはじめとするウェアラブルデバイスベンダーがソフトウェアを普及させてくれればと思います。

ソースは米CBSニュース

ソースは米CBSニュースです。こういう情報に触れた際、ぼくは必ずソースに当たります。これ大事。

Smartwatches can help detect COVID-19 days before symptoms appear

Smartwatches and other wearable devices that continuously measure users’ heart rates, skin temperature and other physiological markers can help spot coronavirus infections days before an individual is diagnosed.

記事の内容がソースと整合しているかどうか、Google翻訳先生の力を借りて、見てみましょう。Google先生の翻訳を少し手直しして読みやすくしています。参考までに。

Smartwatches and other wearable devices that continuously measure users’ heart rates, skin temperature and other physiological markers can help spot coronavirus infections days before an individual is diagnosed.

ユーザーの心拍数、皮膚温度、その他の生理学的マーカーを継続的に測定するスマートウォッチやその他のウェアラブルデバイスは、個人が診断される数日前にコロナウイルス感染を発見するのに役立ちます。

Devices like the Apple Watch, Garmin and Fitbit watches can predict whether an individual is positive for COVID-19 even before they are symptomatic or the virus is detectable by tests, according to studies from leading medical and academic institutions, including Mount Sinai Health System in New York and Stanford University in California. Experts say wearable technology could play a vital role in stemming the pandemic and other communicable diseases.

ニューヨークのMount Sinai Health Systemとカリフォルニアのスタンフォード大学を含む主要な医療機関や学術機関の研究によると、Apple Watch、Garmin、Fitbit時計などのデバイスは、症状が現れる前でもCOVID-19が陽性であるか、ウイルスがテストで検出可能かを予測できます。専門家は、ウェアラブル技術がパンデミックやその他の伝染病を食い止めるのに重要な役割を果たす可能性があると述べています。


Researchers at Mount Sinai found that the Apple Watch can detect subtle changes in an individual’s heartbeat, which can signal that an individual has the coronavirus, up to seven days before they feel sick or infection is detected through testing.

シナイ山の研究者は、Apple Watchが個人の心拍の微妙な変化を検出できることを発見しました。テストによって具合が悪くなるか感染が検出される最大7日前までに、個人がコロナウイルスに感染していることを示すことができます。

“Our goal was to use tools to identify infections at time of infection or before people knew they were sick,” said Rob Hirten, assistant professor of medicine at the Icahn School of Medicine at Mount Sinai in New York City and author of the Warrior Watch study.

「私たちの目標は、感染時または人々が病気であることに気付く前に、ツールを使用して感染を特定することでした」と、ニューヨーク市のマウントシナイ医科大学の医学助教授であり、ウォリアーウォッチ研究の著者であるロブヒルテンは述べています。

Specifically, the study analyzed a metric called heart rate variability — the variation in time between each heartbeat — which is also a measure of how well a person’s immune system is working.

具体的には、この研究では、心拍数の変動性(各心拍間の時間の変動)と呼ばれる測定基準を分析しました。これは、人の免疫系がどの程度うまく機能しているかの尺度でもあります。

“We already knew that heart rate variability markers change as inflammation develops in the body, and Covid is an incredibly inflammatory event,” Hirten told CBS MoneyWatch. “It allows us to predict that people are infected before they know it.”

「体内で炎症が発生すると心拍変動マーカーが変化することはすでにわかっていました。Covidは非常に炎症性の高い病変です」とHirten氏はCBSMoneyWatchに語った。 「それは、人々がそれを知る前に感染していることを予測することを可能にします。」

Individuals with COVID-19 experienced lower heart rate variability, or, in other words, little variation in time between heart beats, in contrast to COVID-negative individuals, the study found.

COVID-19の罹患者は、COVID陰性の個人とは対照的に、心拍数の変動が少ない、つまり、心拍間の時間の変動がほとんどないことが研究でわかっています。

High heart rate variability does not reflect an elevated heart rate: It indicates that an individual’s nervous system is active, adaptable and more resilient to stress.

高い心拍数の変動は、心拍数の上昇を反映していません。これは、個人の神経系が活動的で、順応性があり、ストレスに対してより回復力があることを示しています。

Investigators followed nearly 300 Mount Sinai health care workers who wore Apple Watches between April 29 and September 29.

捜査官は、4月29日から9月29日までの間にAppleWatchを着用した約300人のマウントシナイ医療従事者を追跡しました。

Apple did not participate in or fund the study, but is aware of its watches’ capabilities. Tim Cook in September touted the watch’s role in the Mount Sinai study.

Appleはこの調査に参加も資金提供もしなかったが、時計の機能については認知しています。 9月のティムクックは、マウントシナイの研究における時計の役割を宣伝しました。

The data collected by smartwatches could be instrumental in helping tame the virus, given that more than half of coronavirus cases are spread by asymptomatic carriers, according to a Centers for Disease Control and Prevention model published last week.

先週発表された米国疾病予防管理センターのモデルによると、コロナウイルスの症例の半数以上が無症候性キャリアによって拡散していることを考えると、スマートウォッチによって収集されたデータはウイルスを制御するのに役立つ可能性があります。

“Right now, we rely on people saying they’re sick and not feeling well, but wearing an Apple Watch doesn’t require any active user input and can identify people who might be asymptomatic. It’s a way to better control infectious diseases,” Hirten said.

「今のところ、私たちは病気で具合が悪いと言う人に頼っていますが、Apple Watchを身に着けていると、アクティブなユーザー入力を必要とせず、無症候性の人を特定できます。これは、感染症をより適切に管理する方法です。」ヒルテンは述べています。


A separate study from Stanford, in which participants wore a variety of different activity trackers from Garmin, Fitbit, Apple and other makers, found that 81% of coronavirus-positive participants experienced changes in their resting heart rates up to nine and a half days prior to the onset of symptoms. An extremely elevated heart rate was indicative of symptom onset, the study reported.

参加者がGarmin、Fitbit、Apple、その他のメーカーのさまざまなアクティビティトラッカーを着用したスタンフォード大学の別の研究では、コロナウイルス陽性の参加者の81%が発症の最大9日半前に安静時心拍数の変化を経験したことがわかりました。極端に高い心拍数は症状の発症を示していた、とレポートは報告しています。

Researchers used smartwatch data to identify nearly two-thirds of COVID-19 cases four to seven days before people showed symptoms, according to the study, published in Nature Biomedical Engineering in November. The study examined data from 32 people who tested positive for the virus from a pool of more than 5,000 participants.

11月にNatureBiomedical Engineeringに発表された研究によると、研究者はスマートウォッチデータを使用して、人々が症状を示す4〜7日前にCOVID-19症例のほぼ3分の2を特定しました。この研究では、5,000人を超える参加者のプールからウイルスが陽性であるとテストされた32人のデータを調べました。

The team also has created an alarm system that alerts wearers that their heart rate has been elevated for a sustained period of time.

チームはまた、心拍数が一定期間上昇したことを着用者に警告する警報システムを作成しました。

“We set the alarm with a certain sensitivity so it will go off every two months or so,” said Stanford University Professor Michael Snyder, who led the study. “Regular fluctuations won’t trigger the alarm — only significant, sustained changes will.”

研究を主導したスタンフォード大学のマイケル・スナイダー教授は、「アラームは、2か月ごとに鳴るように正確な感度で設定した」と述べた。 「定期的な変動のアラームはトリガーとして検出しません。重要で持続的な変化のみがトリガーとされます。」

“It’s a big deal because it’s alerting people not to go out and meet people,” he added. When Snyder’s alarm recently went off, for instance, he cancelled an in-person meeting in case he might be infectious.

「外に出て人に会わないように人々に警告しているので、これは大きな発見です」と彼は付け加えました。たとえば、スナイダーの警報が最近鳴ったとき、彼は感染性の可能性がある場合に備えて対面会議をキャンセルしました。

Such technology could also help compensate for some of the shortcomings with coronavirus testing, Snyder said. “The problem is you can’t do it on people all the time, whereas these devices measure you 24/7. The smartwatch gives you back the data right away, in real time, whereas if you’re lucky you’ll get your test back in a few days.”

スナイダー氏によると、このような技術は、コロナウイルス検査のいくつかの欠点を補うのにも役立つ可能性があるという。 「問題は、常に人にそれを行うことができないことですが、これらのデバイスは24時間年中無休であなたを測定します。あなたが幸運にも感染していなかったとして、数日後に再びテストすることができるわけです、スマートウォッチはリアルタイムですぐにデータを返してくれます。」

Wearable device makers also are looking at how the technology could be used to combat the virus. Oura Health, which makes a smart ring that tracks health data, helped fund a University of California San Diego and University of California San Francisco study that found the device can detect subtle symptoms, like the early onset of fever, that may indicate COVID-19.

ウェアラブルデバイスメーカーは、このテクノロジーを使用してウイルスと戦う方法も検討しています。健康データを追跡するスマートリングを作成するOuraHealthは、カリフォルニア大学サンディエゴ校とカリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究に資金を提供し、COVID-19を示す可能性のある発熱の早期発症などの微妙な症状を検出できることを発見しました。

Whoop, which makes a sleep-tracking device, partnered with Australia’s Central Queensland University to author a peer-reviewed paper indicating that its technology can help predict coronavirus infections based on deviations in users’ respiratory rates during nighttime sleep. Healthy individuals experienced little variability in their respiratory rates, while deviations suggested compromised respiratory tract health. 

睡眠追跡デバイスを製造するWhoopは、オーストラリアのセントラルクイーンズランド大学と提携して、その技術が夜間の睡眠中のユーザーの呼吸数の偏差に基づいてコロナウイルス感染を予測するのに役立つことを示す査読論文を執筆しました。 健康な人は呼吸数の変動がほとんどありませんでしたが、呼吸数の逸脱は気道の健康の低下を示唆していました。

“All of these studies are jibing inthat markers of physiological function collected from devices allow us to identify these conditions and diseases in a non-invasive way,” Hirten said. “They all have limitations but they complement one another.”

「これらの研究はすべて、デバイスから収集された生理学的機能のマーカーにより、これらの状態や疾患を非侵襲的な方法で特定できるという点で画期的です」とHirten氏は述べています。 「それらはすべて制限されていますが、互いに補完し合っています。」

-GADGET
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YAMAHA-AG03

M1 Macminiがぼくの物欲を駆り立てる。YAMAHA AG03をポチった。

Contents M1 Macminiなかなかいい音響と映像を1ストップで管理したい悩んだ末にYAMAHA AG03をオーダー3チャンネルミキサー機能マイク、ギターのエフェクター機能ハイレゾ音響出力機 …

X-S10のウェブカメラ化が遅々として進まない。それならATEM Mini購入を検討しようかな。

Contents 着々と環境整備が進むも弱点が一つFUJIFILM WEBCAMが機能しない新しい機材も目に入ってきた今まで通りiPad Proで対応するロジクール等のウェブカメラを購入するFUJIF …

dyson_hygienic_mist

この季節の必需品。オフィスの女性陣の要請でDysonの加湿器を買ってみた。

Contents 加湿器は女性の必需品購入候補のリストアップBALMUDA Raincado STEMdyson hygienic mistdysonというメーカーのすごさ従来の加湿器の問題点水を最後 …

これが今日からのぼくの愛機。FUJIFILM X-S10がやってきた。

Contents X-S10、本日発売X-S10、十分に小さいX-S10ギャラリーX-S10、本日発売 2020年11月19日。待望の富士フイルムX-S10が発売となりました。ぼくはと言えば、既に予約 …

homepod-mini

Homepod miniを2つオーダー。デスクトップミュージック環境に激変の予感。

Contents アップルストア表参道に行ってきたHomepod miniがいい2個でステレオスピーカーにしたい音響再現における未来を買ってみたアップルストア表参道に行ってきた 愛用していたAirPo …