GADGET

こう使えばいいじゃん。iPad pro+Apple pencil+penultimatesで手書きノート!

投稿日:2016年1月10日 更新日:

巷間、賛否両論のiPad proですが、僕は非常に重宝しています。使いこなしの秘訣はApple pencilによる手書き入力に尽きますね。この点でmacbookよりもiPad proを持ち出す頻度の方が圧倒的に高くなっています。
時間を巻き戻せば、僕はPDA(Personal Digital Assistant)が大好きで、Palm Pilotのヘビーユーザーでした。知っている方は知っているわけですが、このPalm Pilotはスタイラスによる手書き入力が極めて秀逸で、その当時デバイスに入力する速度はおそらくキーボードよりも速かったのではと思います。
その秘密はGrafittiという入力の仕組みにありました。一筆書きのローマ字入力で入力フィールドがアルファベットと数字の2つに分けられていることで認識率を格段に上げて入力ミスを回避していたのです。今思い出しても素晴らしいデバイスでした。

〜 Palm Pilot Professional 〜 (レトロな○○ギャラリー) – AKIBA PC Hotline!

その後、PDAは衰退しスマートフォンに取って代わられた訳ですが、こと手書き入力に関してはPalm Pilotの時代の方が優れていたと僕は認識しています。
iPad miniを導入するに当り、Good NotesとJot scriptでPalm Pilot時代の夢よもう一度というTryをしましたが、結果的にそのユーザビリティはPalm Pilotの足元にも及びませんでした。

しかしiPad pro+Apple pencilによる手書き入力はほぼストレスフリーのユーザビリティを実現しています。これはなかなか素晴らしい。更にpenultimatesという手書きノートアプリと併用すれば、書いたノートが自動的にEvernoteにアップロードされます。
さすがにこれは時代の勝利。Palm Pilot時代では考えられない便益を提供してくれます。

Penultimate | Evernote

デジタルデバイスは極めて有用ですが、ことPlanningにおいては最高のツールとは言えません。この点では紙と鉛筆、スケッチブックと絵具の方が優れている点がまだまだあります。
iPad pro+Apple pencil+penultinatesの組み合わせは、現在のところデジタルデバイスによるクリエイティブ環境として最高のものと僕には思えます。
これが手に入るのなら、iPad pro安いものです。もちろん、いわゆる「仕事」をするのであればこの限りではなく、macbookを持ち運ぶのがベターではあるのですが、
アイデアを膨らませるミーティング、意見交換、フレームワークなどのときにはmacbookよりも積極的にiPad proを使おうと思っている僕なのです。

-GADGET
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhone12 miniが来て2日目。既にこれはかなりいいぞと思っている理由。

Contents iPhone12 mini、小さくて実にいいぞiPhone12 miniのいい点圧倒的な小ささと軽さカジュアルさ他のすべてカメラはかなり進化を感じさせるポートレートモードが使いやすく …

alto_leather_iphonecase

altoのレザーiPhoneケースを購入。単体で持ち歩くテストをしてみる。

Contents いいiPhoneケースはないかな3つの要件を満たすケース=alto leather caseDHLで届いた実物をチェックいいiPhoneケースはないかな 愛用のアニアリマルチケースS …

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

 シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能にな …

FUJIFILM

これは要チェック!FUJIFILM Imaging Plaza東京に行ってきたよ。

Contents レンズの修理の相談になんとか修理してもらえそうレンタルサービスに感心したレンズの修理の相談に 先日、初の撮影の際に落としてしまったXC15-45㎜F3.5-5.6 OIS PZを早速 …

なんとアマゾンで3万円!ヤマハの最安値電子ピアノP-105をレビューする。

中学高校時代、自宅にあったグランドピアノを見様見真似で弾いていました。きちんと習ったことはなかったのですが、好きな曲、簡単そうな曲をちゃんと譜読みしながら少しずつマスターしていくのは楽しかったのを覚え …