GADGET WHEELS

驚愕の完成度と満足度。青島文化教材社のYAMAHA SR400のミニチュアを買ってみた。

投稿日:

Amazonでバイクのミニチュアを買った

実はミニカーが好きです。オフィスにはいろいろなところにいろいろなミニカーが飾ってあります。デスクの上にもずらり。ポルシェ911、ポルシェ914、それに愛車のBMW 420i グランクーペなどなど。他にもフェラーリやランボルギーニなどたくさん。いつも奥様のエカテリーナ2世様から冷たい目で見られています。

でもバイクのミニチュアは持っていなかったんですよね。それでふと欲しいなと思い、Amazonで検索してみたら、ちょうどこんなものを見つけました。

↓のサムネイル画像がAmazonへのリンクになっています。

昔懐かしい、アオシマのミニチュア。いわばプラモデルの完成品です。モデルの縮尺は1/12だから、一般的なミニカーのサイズ1/63よりはかなり大ぶり。お値段は1855円。ミニカーは最低でも5000円くらいするので、その意味ではかなりお得な感じ。

車種は色々あったのですが、ひとまずファイナルエディションが完売したYAMAHA SR400を買ってみました。BMW G310Rと同じ単気筒というのにも敬意を表して。

アオシマのSR400が届いたぞ。

翌日にはオフィスに到着。少し仕事が立て込んでいたので、本日、開封してみました。開けてびっくり。1855円でこんなに素晴らしいオモチャが買えるなんて。まずは開封したてのところ。

箱に入ってる段階で結構いい感じが伝わってきます。

パッケージもそれなりに高級感があります。これで1855円?

少し近くをしげしげと見てみました。なんか、質感良くない?

ディテールもよく出来てる。

箱から取り出して、樹脂の台座を外してみました。そこで驚いたのは、センタースタンドとサイドスタンドが完全可動式であること。本物のバイクのように安定させられます。すごいな、アオシマ。

正直、期待以上でした。このラインナップにはSUZUKI KATANA 1100やHONDA C B750Fourがある様子。ちょっと他のモデルも欲しくなってしまいました。

1855円でこの感じ。オススメです。

以下、FUJIFILM X-S10で撮影したアオシマ製YAMAHA SR400のギャラリーをどうぞ。

●実車の雰囲気をよく捉えています。スポークが大雑把なのは仕方ないかなと。1855円だし。

●ナンバープレートのYAMAHAロゴもきちんと再現されています。ヤマハ(ピアノ)とは異なる発動機の音叉マークもきちんと作ってあるし。

●タンクの形状と音叉マーク。塗装の再現もなかなか。本当に1855円?

●コックピットはまあそれなり。でも十分雰囲気あります。

●リアサスやスプロケット、チェーンなどは単体のパーツのようですが、複数のパーツから構成されているような錯覚を覚えるくらい、結構しっかり形を作っていますね。

●マフラーの塗装の質感もいい。

アオシマ、いい仕事してます。興味のある人は是非ポチってみてください。

-GADGET, WHEELS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hv_svartpilen250

小粒でぴりりと辛いスクランブラー、ハスクバーナ・スヴァルトピレン250に乗った。

HUSQVARNA / Svartpilen250 Contents 欲しいバイクがないハスクバーナが気になる能書きは不要、とにかく乗ってみよういまいちハマらない欲しいバイクがない 普通二輪免許を獲ろ …

地味な高品質。IWCが好きなんです。

Contents 地味な高品質に惹かれるIWCとの出会いポルトギーゼクロノグラフスピットファイアIWCの世界観地味な高品質に惹かれる ぼくの好きな時計と言えば、まずはPANERAIです。次いでIWC。 …

ハスクバーナがスヴァルトピレン125を発表。いいバイクだと思うけど、今となっては食指が動かない。

Contents ハスクバーナはかっこいいスヴァルトピレンに125ccが出たぼくの食指は動かないもし自分が125ccを買うならSUZUKI GSX-R125SUZUKI GIXXER 150ハスクバー …

【YouTube動画】BMW C400GTに試乗。未来的なデザインに惹かれつつ、やっぱりMTが好きだと思った。

Contents C400GTってどんなバイク?何しろ未来を感じさせるどんな人が選ぶべきか?C400GTってどんなバイク? 先日のG310Rのオールブラック化にあたり、その間、ディーラーさんが代車を用 …

G310R

やっぱり自分で操縦するのが好きなんだよね。モーターバイクへの情熱、再び。

Contents ぼくらの青春時代はバイクの時代だったモーターサイクルが再び視野に入ってきたBMWのバイクに乗りたいぼくらの青春時代はバイクの時代だった 最近はロードバイクにご執心のぼくですが、とにか …