WHEELS

ハスクバーナ・ヴィットピレン401に試乗。憧れの女性は見た目通りのドSだった。

投稿日:2020年8月5日 更新日:

Vitpilen401
HUSQVARNA / Vitpilen401 MY2020

ヴィットピレンに憧れていた

大人のための単気筒バイク試乗ウィーク。もともとバイクへの情熱を再度掻き立ててくれたのはBMW G310R。その派生車種であるアドベンチャーG310GSに乗り、その感覚を忘れないうちにと、かねてから心に留まっていたハスクバーナ試乗に翌日赴きました。まずは新星スヴァルトピレン250に乗りました。モノとしてのハスクバーナ・スヴァルトピレン250と、バイクライフ、スタイル、世界観はいまでも好きですし、憧れを抱きます。でも実際に乗ってみると「しっくり来なかった」のですよね。バイクは乗物なので、「乗ってしっくり来る」ことが何より大事と考えます。憧れは憧れのままで、初恋は初恋のままがいいのかもしれません。

でもぼくが本当に憧れていたのはスヴァルトピレンではなく、ヴィットピレンです。スヴァルトピレンはぼくにはしっくりきませんでしたが、ここまで来たらヴィットピレンにも乗らずには帰れません。ヴィットピレンは250が未発売なので、排気量の大きな401の試乗となりました。ハスクバーナ世田谷のスタッフの方は「250の方が乗りやすいですよ、401の方が少しピーキーで扱いにくい」と。でも何度も言いますが、

乗物は乗ってみないとわからない

だからヴィットピレン401にも乗ってみましょう。この体験の先に、一番最初に見て憧れたヴィットピレン701が待っているのかも知れないんです。

実車はやはり抜群にカッコいい

なぜこちらの方がカッコいいと思うのか。それはぼくにもわかりません。知らない人が見たらほとんど同じでしょう。それでもこの2台には明確な違いをぼくは感じるのです。だからこそ、ハスクバーナも「白」と「黒」の2つを作っているはずです。この2台は同じようでいて、表裏になっている。それくらい、明確な違いをどこかに作られているとぼくは思います。だからこそ、「黒」でなく「白」が欲しい、あるいは「白」でなく「黒」が欲しいという人がいるのでしょう。そしてぼくは「白」派なのです。

Vitpilen401

というか、ぼくは本当にアウトドア派ではなく、キャンプとかオフロードとかと無縁な生活を送っています。本を読んだり、音楽を聴いたり、音楽を創ったり、楽器を弾いたりするのが好きなインドア派です。ロードバイクは健康と趣味を兼ねて乗ります。クルマは好き。基本的に、音楽を聴いて考えるのと同じで、

思考するために移動する

というのがぼくのスタイルなのです。クルマは最高の思考空間だと思っているわけです。

モーターバイクで移動することもラグジュアリーのひとつになる、とぼくは確信しています。

憧れの女性はドSだった

Vitpilen401

ライディングポジションがキツイよ、と多くの人が述べているヴィットピレン。カッコよさのためにはそれくらいのこと承知でないと、と思っていました。普段ロードバイクに乗っていることもあり、前傾も大丈夫だろうと。ところが。

  • 噂通り前傾はキツイ
  • ハンドルがかなり開いている(幅が広い)
  • ロードバイクは肩幅くらいだが、体感的にはその2倍開く
  • 開いていて前傾なのでちょっと特徴的なライポジ
  • 体幹で支えるのはロードバイクと同じ
  • ヘルメットが重いので頭が下がる
  • よって視界が狭い
  • これでスピードを上げるとさらに視界が狭まる
  • これは慣れないとキツイ
  • 腹筋と背筋で支えたとしても最初は腕に負担が来る
  • エンジンは力がある
  • 街乗りでの印象は250と大きく変わらない
  • つまり扱いにくいという印象はなかった

憧れの女性はドSだった。喩えて言えば、KILL BILLにおけるユマ・サーマンみたいな感じ。

これは何等かの苦行もしくは修行ですね。これも慣れが解決してくれる、というのはかなり楽観的で、時間が結構かかりそう。もしかすると、修行が嫌でバイクに乗らなくなるかも、とすら思わせます。

ぼくが望むのは、

バイクと楽しく移動すること、目線を変えて世界を見ること

なので、ここまでストイックにバイクとだけ対話する世界観に、最初の1台から敢えて行くか、と問われれば、ぼくはちょっと違うかなと思いました。

ということで憧れのハスクバーナは、ぼくの初恋の存在として、当面は心の中にしまっておこうかと思います。

-WHEELS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BMW-g310r

55歳オヤジの二輪リターンはこいつが相棒。タマ数の少ないBMW G310Rをついに押さえたぞ。

Contents 候補4台試乗して決めたBMW G310RBMW G310GSHUSQVARNA Svartpilen250HUSQVARNA Vitpilen401親身なってくれるディーラーも見つけ …

馬上・枕上・厠上。現代の馬上、クルマは最高のアイデア開発装置だ。

Contents 都市生活にクルマは必要か創造空間としてのクルマ三上のひとつ、馬上都市生活にクルマは必要か ぼくは麻布十番にオフィスと自宅をまとめた職住近接のライフスタイルです。職住近接だから成り立つ …

ここから始まる新しい人生を祝福しよう。BMW G310Rがやってきた。

Contents 長かった道のり出会いの時間を噛みしめて走るぼくとG310Rとの日々は始まったばかり長かった道のり 昨年10月から普通二輪免許の取得を志し、途中コロナだなんだで休校も挟み、ようやく免許 …

g310r-in-azabujuban

寒空のもと、 G310Rを走らせた。東京ゲートブリッジからコンテナ埠頭はバイクの聖地だった。

Contents とうとうこの日が来た晴れて自分のバイクに乗る自宅近くで記念撮影の後、走る東京のバイク乗りの聖地を発見今日の出発までを撮影・編集してみたとうとうこの日が来た BMW G310Rが来たの …

Trek_emondasl6

ぼくが生まれて初めて買ったロードバイク、TREK Emonda SL6を紹介しよう。

Contents 出会いはすぐ近くにあるぼくのTREK Emonda SL6 2017MY自分のバイクが一番いい出会いはすぐ近くにある 若い友人たちに導かれてロードバイクの世界に足を踏み入れた当時52 …