polyphony garage

Make Life a Ride / 日常を冒険に変える男子の嗜み

EVERYDAY

Facebookの使い方ってこれでいいの?

投稿日:2015年11月10日 更新日:

毎日オフィスに行けばPCを立ち上げて、GoogleカレンダーとともにFacebookを眺める。いやそれ以前に朝起きてスマフォを手にした際にFacebookの更新情報が目に入る。これが多くの人の毎日だと思う。Facebookは人の、人生の情報化ツールである。結局、人間の存在は情報でしかない、ということを痛感させるためのツールとも言える。人がいつどこで生まれ、どのような教育を受け、どんな仕事をしたりどんな会社に勤めたりしているのか。毎日何をして暮らし、何を食べてるのか。それの蓄積がその人だとFacebookは言う。いや言ってはいないが、それに近いメッセージを発している。果たして人の人生は情報なのだろうか。そもそも人の人生についての情報を僕たちはそれぞれ知り合う必要があるのだろうか。

小学生の頃、偉人伝というものをよく読まされた。偉い人の人生について読むことが大切だということなのであろう。二宮尊徳、野口英世、孫文、アインシュタイン、他に何を読んだか挙げれば切りがない。こうした偉人の偉業を知ることは確かに有益かも知れない。では僕たちのような普通の人についてはどうだろう。僕は他の人が毎日何をして暮らしているのかにそれほど関心がない。自分が何をして暮らすかには大変な関心がある。Facebookに書くのは、自分の暮らしに関心があるからであって、他の人の暮らしを知りたいからではない。もちろん、古い友人や仕事仲間と簡単に連絡が取れるツールとして有用だとは思う。しかし、このFacebookという世界の中でコミュニケーションを深めていくことが何か大事なものに繋がるという実感はない。

ザッカーバーグはFacebookをどんなコンセプトで創ったのか。これでいま何を成し遂げようとしているのか。改めてそれを考えることが必要だ。それについて僕はまだ勉強不足だ。推測で書くならば、彼はインターネットで繋がる世界をPEACEなものにしようとしたのだろう。「いいね」と言えるもので埋め尽くされるのなら、「いやだね」で埋め尽くされるよりはましだ。それはそう。Facebookのような情報に関連するインフラはマクロ視点ではおそらく有益だ。しかし、ミクロ(この場合はひとりひとりのユーザー)視点では熟考を要するのではないだろうか。おそらく僕たちのFacebookの使い方は間違っているのではないだろうか。人生の情報化ツールとして使うのではなく、もっと限りなくプラクティカルに、世の中を変えていくためのアクションのインフラとして使うのが正しい使い方なのではないだろうか。

つまり、僕は、今の僕たちの使い方におけるFacebookは嫌いです。

-EVERYDAY

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくが広告代理店を辞めた訳。むかしむかし、女川で思ったこと。

 ぼくはかつて大手広告代理店の博報堂という企業に勤めていました。そこでのぼくの仕事は商品をたくさん売るための仕組みや広告を考えることでした。その仕事は基本的に楽しいものでした。そう、平時なら。そもそも …

4匹目のねこにまた出会っちゃった?麻布十番いぬねこ里親会。

先週の日曜日、いぬねこ里親会というイベントがあって、妻がそこで新しい猫さんを探してきた。わが家には既に3匹の猫さんたちが暮らしているのだが、2歳の若い猫さんと10歳以上の猫さんたちの折り合いが悪く、か …

wolf

独りが好きだとしたらその性格を早く自覚した方がいい。16Personalitiesを試す。

Contents 独りが好きな自分を自覚するムリに組織を前提に考えなくていい性格診断をやってみた16Personalitiesの詳細ぼくは「建築家」だった16Personalitiesやった方がいい独 …

college_teacher

二松學舍大学でマーケティングを教えます。若い人と向き合うことは大事だね。

今日は二松学舎大学文学部都市デザイン学科で授業をしてきました。「広告表現文化論」と「クリエイティブ概論」という2コマです。「広告表現文化論」は1960年代から2010年代後半の現在まで、広告表現の分析 …

本当に湘南が勝ち組か?ポストコロナ時代、みんなはどこに住む?

Contents 通勤が大嫌いだった居住に自由が生まれつつある中心におけるローカルの構築通勤が大嫌いだった 通勤、それはぼくが最も忌み嫌う時間のひとつでした。それだけでも会社員を辞める理由になるくらい …