EVERYDAY

Facebookの使い方ってこれでいいの?

投稿日:2015年11月10日 更新日:

毎日オフィスに行けばPCを立ち上げて、GoogleカレンダーとともにFacebookを眺める。いやそれ以前に朝起きてスマフォを手にした際にFacebookの更新情報が目に入る。これが多くの人の毎日だと思う。Facebookは人の、人生の情報化ツールである。結局、人間の存在は情報でしかない、ということを痛感させるためのツールとも言える。人がいつどこで生まれ、どのような教育を受け、どんな仕事をしたりどんな会社に勤めたりしているのか。毎日何をして暮らし、何を食べてるのか。それの蓄積がその人だとFacebookは言う。いや言ってはいないが、それに近いメッセージを発している。果たして人の人生は情報なのだろうか。そもそも人の人生についての情報を僕たちはそれぞれ知り合う必要があるのだろうか。

小学生の頃、偉人伝というものをよく読まされた。偉い人の人生について読むことが大切だということなのであろう。二宮尊徳、野口英世、孫文、アインシュタイン、他に何を読んだか挙げれば切りがない。こうした偉人の偉業を知ることは確かに有益かも知れない。では僕たちのような普通の人についてはどうだろう。僕は他の人が毎日何をして暮らしているのかにそれほど関心がない。自分が何をして暮らすかには大変な関心がある。Facebookに書くのは、自分の暮らしに関心があるからであって、他の人の暮らしを知りたいからではない。もちろん、古い友人や仕事仲間と簡単に連絡が取れるツールとして有用だとは思う。しかし、このFacebookという世界の中でコミュニケーションを深めていくことが何か大事なものに繋がるという実感はない。

ザッカーバーグはFacebookをどんなコンセプトで創ったのか。これでいま何を成し遂げようとしているのか。改めてそれを考えることが必要だ。それについて僕はまだ勉強不足だ。推測で書くならば、彼はインターネットで繋がる世界をPEACEなものにしようとしたのだろう。「いいね」と言えるもので埋め尽くされるのなら、「いやだね」で埋め尽くされるよりはましだ。それはそう。Facebookのような情報に関連するインフラはマクロ視点ではおそらく有益だ。しかし、ミクロ(この場合はひとりひとりのユーザー)視点では熟考を要するのではないだろうか。おそらく僕たちのFacebookの使い方は間違っているのではないだろうか。人生の情報化ツールとして使うのではなく、もっと限りなくプラクティカルに、世の中を変えていくためのアクションのインフラとして使うのが正しい使い方なのではないだろうか。

つまり、僕は、今の僕たちの使い方におけるFacebookは嫌いです。

-EVERYDAY
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日は彼が我が家に来た日。17年前に迎えた猫の話。

Contents 17年前、和歌山17年前、東京港区17年前、再び和歌山ヨッシー吉宗、17歳17年前、和歌山 今日はハロウィン。でも我が家にとっては、猫猫軍団最年長のヨッシー吉宗をこのお家に迎え入れた …

箱根宮城野にアトリエ兼ガレージ完成間近。瞑想と創造のためのユニークな空間「アトリエ青騎士」をオープンします。

「誰もがアーティストである」この言葉を放ったのはヨーゼフ・ボイス。「社会彫刻」という概念を世に出した人物です。彼はアートの閉鎖性を批判し、市井の人々にも宿る芸術性に着目しました。私も多くの人の中に芸術 …

骨折治療中の食生活について考える。クロスバイクで転倒して左手首を骨折した顛末記❹

不覚にも左手首の橈骨と尺骨の両方を折ってしまったぼく。2023年1月24日に手術を終えて、今リハビリテーション真っ最中です。入院中から始まり、今後全快までどんな食事を心掛ければいいのか、少しまとめてみ …

本当に湘南が勝ち組か?ポストコロナ時代、みんなはどこに住む?

Contents 通勤が大嫌いだった居住に自由が生まれつつある中心におけるローカルの構築通勤が大嫌いだった 通勤、それはぼくが最も忌み嫌う時間のひとつでした。それだけでも会社員を辞める理由になるくらい …

愛猫・三日月との悲しい別れ。ぼくたちはペットロスにどう向き合うべきか。

Contents 急変:2022年8月23日のFacebookからさようなら、ぼくの三日月弔いの動画とKANJIGRAPH作品野良猫教授のYouTube”BIKE&WORDS”からKANJ …