GADGET

十数年ぶりに買ったかも。LVモノグラムのiPhoneケース

投稿日:2015年11月10日 更新日:

先日iPhone6s plusを入手して、ケースの必要性を強く感じた僕はすぐに探索を開始しました。5sでは透明で柔軟性があるアクリル製のケースを使っていましたが、6s plusは大きいためちょっと質感も含めて満足が行かない感じ。さらに現在のトレンドが手帳型ということもあり、その線でリサーチを継続。ヨドバシカメラやビックカメラの店頭にも足を運びました。革製のケースはいわゆるIT周辺機器ブランドのものでも6000円から8000円くらいするのに吃驚。正直な話、僕は周辺機器メーカーのケースに10000円近いお金を払う気にはなれません。

そこでメジャーメゾンの製品探索を開始。Louis Vuittonがかなり精力的に取り組んでいる感じを受けました。お値段は36000円くらいだから、周辺機器メーカー製品の5倍以上。でもやはり満足度が違いますよね。ということで六本木ヒルズのLuis Vuittonに向かいます。まずお目当てはダミエ・グラフィットのケース。男性ならやっぱりこの辺りかなと思ったわけです。気になるのは、ダミエ・グラフィットに刻印される文字はシルバーだということ。今回の6s plusはゴールドを選んだので、ここがミスマッチ。お店ではほかにタイガのシリーズも紹介されたのですが、こちらもやはり刻印はシルバー。

Louis Vuitton iphone6+・フォリオ

ここで浮上してきたのがモノグラムで内側がビビッドなカラーのシリーズ。いわゆるロイヤルブルー、鮮やかなブルーのものが気に入りました。実は綺麗なブルーはいまの僕のテーマカラー。クルマ、鞄、財布、キーケース、などブルーで揃えたりしているのです。このモノグラムのシリーズはゴールド/ブラウン系なので、ゴールドのiPhone 6s plusともマッチします。ということでめでたくこのお品を購入しました。とはいえ、僕は数十年以上前にタイガのシリーズで書類ケース、ボストンバッグなどを買ったことがあるけれど、実はモノグラムのアイテムは持っていなかったのです。今回初めてモノグラムのデビューです。

Louis Vuitton iphone6+・フォリオ

そう言えば、Palm Pilotを使い倒していたのは何年前だろう。あの時もLouis Vuittonのタイガシリーズでグリーンのケースを使っていたっけ。やっぱりPDA回帰でLuis Vuitton回帰という文脈に着地したようです。

-GADGET
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

shaving

愛用していたPanasonicのシェーバーがとうとう壊れた。さてどうするか、それが問題だ。

Contents Panaのシェーバーがお亡くなりにそもそもどんな使い方していた?シェーバーは必需品ではある全自動洗浄充電器はデカくて邪魔水洗いの方が清潔に保てる2社の訴求ポイントを見てみるとというこ …

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

 シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能にな …

homepod-mini

Homepod miniを2つオーダー。デスクトップミュージック環境に激変の予感。

Contents アップルストア表参道に行ってきたHomepod miniがいい2個でステレオスピーカーにしたい音響再現における未来を買ってみたアップルストア表参道に行ってきた 愛用していたAirPo …

aniary-multicast-s

iPhoneケースの理想形。アニアリマルチケースの代替案はあるか?

Contents iPhoneにケースをつけるべきか否かこれまでに買ってきたケース現在の最適解=アニアリのマルチケースそろそろ別のスタイルを考えようiPhoneにケースをつけるべきか否か 皆さんはiP …

IphoneX_au

やってみたらどうということのないMNP。21年目のさよならDOCOMO。

Contents DoCoMoに愛想が尽きたauの方が断然安い次はMVNOかなDoCoMoに愛想が尽きた つい先日、長年使っていたドコモからauにMNPを敢行しましたやってみたらあっけない話だったけれ …