polyphony garage

Make Life a Ride / 日常を冒険に変える男子の嗜み

LEATHER GOODS&Others GADGET

iPhoneケースの理想形。アニアリマルチケースの代替案はあるか?

投稿日:2020年7月7日 更新日:

aniary-multicast-s

iPhoneにケースをつけるべきか否か

皆さんはiPhoneケース使っていますか?ぼくは使ったこともありますが、基本的にケースを使わない派、つまりiPhoneはそのまま持ちたい派です。

その理由はいくつかありますが、まずはiPhoneはそれ自体が最高のデザインとエンジニアリングの結晶なのでそのモノとしての魅力を堪能したいということ。

アップル信者が多いのには訳があり、実際にiPhoneのベゼルのデザインは極めて複雑な線で描かれています。単純な線でデザインされたものと何が違うか。それは加工の難易度です。

単純な線でデザインされたものは加工が容易で、結果として安価に製造可能です。一方、複雑な線で描かれたものは複雑な加工を必要とするのです。どのような加工を施せば実現可能なのか、も含め高度のクリエイティブな仕事が要求されます。当然、投資レベルも大きくなるのです。

膨大な費用と労力をかけて生まれたアップル製品は、他にはない魅力を持つわけです。そんな製品のひとつであるiPhoneに対してぼくはある種の敬意を抱いているので、できれば無粋なケースを被せたくないのです。

それといま無粋と書いてしまったとおり、オシャレなケースは少ないということ。もちろんそれなりにオシャレなケースは存在しますが、iPhoneを覆い隠すべきオシャレさはそうそう実現不可能と言わざるを得ません。

これまでに買ってきたケース

まあそんなこんなでケース選びに四苦八苦してきました。
いままで選んだのは、

➊アクリルや強化ガラスなどの透明ケース
➋ルイヴィトンのモノグラムのケース

のほぼ2つだけ。

樹脂のケースはこんな感じのモノ。
悪くはないです。

ルイヴィトンはそれなりに満足度もありましたが、割とすぐに傷んでしまうので、コストパフォーマンスはやや低い感じ。それに実はフォリオ型(手帳型)のケースがあまり好きではないのです。通話しているときの姿が美しくないのがその理由なのですが。

ルイヴィトンのケースについては以前に書いたブログ記事をリンクしておきます。

現在の最適解=アニアリのマルチケース

そんなぼくがここ数年使ってきたのは、日本製の皮革メーカー“アニアリ”のマルチケースSです。

↓下の画像がアマゾンへのリンクになっています。

これはかなりいい商品で、ぼくは高く評価しています。

iPhoneケースではなく、マルチケースであること。つまりこの製品はiPhoneをそのまま革製のケースに納めることで無粋さとは距離を保ちつつ、iPhoneを保護できる優れものなわけです。さらに昨今のキャッシュレス志向のご時世をキャッチアップ。iPhoneを収めるケースとして機能しつつ、このマルチケースSは数枚のカードやお札、小銭を携行できるのです。

iPhoneに代表されるスマホが決済を担うのは必然。であればiPhoneケースは財布と同一化するのが正解と思うわけです。

でもそんなお気に入りのアニアリのマルチケースSにも課題が。というか、使う側のぼくの課題なんですけどね。アニアリのマルチケースはiPhoneをインナーポケットに収納するコンセプトで作られています。
ここなら革によって傷や衝撃から守られる構造。(↑の写真のように)

ところが実際にiPhoneを収めるのはこのインナーポケットではなく、アウターポケットになる頻度が高いのです。(↓の写真のように)

まあ、これでも問題ないし、通常は便利至極なんですが、ふとした拍子にこのアウターポケットからiPhoneが飛び出てしまうのです。そうなるとかなりの程度の損傷を覚悟しなくてはなりません。

ぼくも過去2~3回、iPhoneをケースから滑り落してしまい、それなりの代償を支払いました。そして最近またやらかしてしまったんです。

そろそろ別のスタイルを考えよう

オフィスのポストの郵便物をゴソゴソと触っている際に、うっかりこのマルチケースを落としてしまいました。幸い、画面などは割れず、機能不全も起こっていないのですが、先述した美しいフレームを強打したようで、カメラのすぐ上部のパーツがツライチではなくなってしまいました。

悲しい。

特に不便はありませんが、スチールのパーツが出っ張っているため、最悪の場合は怪我しそう。ということでこの部分を隠すケースが必要かなあと思っているところです。

これを機会に愛用のアニアリのマルチケースとは異なるスタイルを目指すか。
あるいは極薄のケースを購入してこのまま使い続けるか。

どちらかの選択になるのではと考えています。
結果はまた書いてみますね。

View this post on Instagram

麻布十番の小さな日常を愛する麻布十番おじさんです。 ぼくはiPhoneにカバーをつけるのが嫌で、なるべくそのまま持てる方法を探しています。 ここ数年落ち着いているのは、アニアリのマルチケースSです。 これは実に優れていて、iPhoneXくらいまでの大きさなら、インナーポケットに収納可能、 さらにカードや小銭、お札も持ち歩けるので、現代のお財布兼iPhoneケースとして最高だと思って愛用してきました。 でも人間の横着ってダメね。ついつい、iPhoneを外側のポケットに入れて持ち歩いてしまうんです。 まあ入れやすいからなんだけど。 その結果、過去数回、iPhoneが滑り落ちて損壊、という悲劇に見舞われております。 今回もポストで郵便物をゴソゴソしている時にこのケースごと落としてしまいました。 幸い画面が割れたりしておりませんが、美しい外枠の一部がツライチではなくなってしまいました。 悲しい。 このアニアリのアンティークレザーの風合いが好きなのもあり、長年愛用してきましたが、これを機にちょっとスタイルを変えてみようかな。 そんなことを考えている、麻布十番おじさんです。 #麻布十番 #麻布十番おじさん #iphonecase #aniary #アニアリ #革製品 #革製品大好き #革製品が好き #ガジェット #ガジェット好き #ガジェットケース #財布新調 #財布ブランド #財布メンズ #ミニ財布 #チビ財布 #小さい財布 #キャッシュレス #キャッシュレス生活 #キャッシュレス財布

A post shared by 海野裕/麻布十番おじさん (@azabujuban_ojisan) on

-LEATHER GOODS&Others, GADGET
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Watch 6

新たに追加されたのは血中酸素濃度の測定。アップルウォッチ6は果たして買いか。

Contents アップルウォッチ6が発表されたよちょっとガッカリしたかも血中酸素濃度睡眠今回のApple Watch 6、購入は見送りかなアップルウォッチ6が発表されたよ 日本時間の2020年9月1 …

時計もゴールドにしてみようかな。Franck Mullerトノーカベックス

いままで、ぼくはどちらかというとunderstatementな時計が好きでした。見るだけで誰もがそれとわかるブランドを避けたい。もしくはそのブランドを代表するモデルは避けたいというような気持です。その …

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

 シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能にな …

Applewatch

手に入れたらまずベルトを着替えよう。ぼくが薦めたいアップルウォッチの楽しみ方。

Contents ステンレスケースがお薦めの理由ベルトを着替えることで化けるガジェットぼくが購入したベルトたちアップル純正スポーツバンドブラックレザーバンドタンレザーバンドエルメス風レザーバンドファブ …

Applewatch

アップルウォッチが医療機器認証獲得。ヘルスケアデバイスとしてさらに進化したぞ。

Contents アップルウォッチ医療機器認証を獲得心電図(ECG)測定で何がわかるのかアップルウォッチ外来もできたアップルウォッチでパーソナルヘルスケアアップルウォッチ医療機器認証を獲得 個人的に今 …