WHEELS

大事なことはみんなG310Rに教わった。オールブラックのG310Rへの野良猫教授の深い愛について。

投稿日:

バイクのことは全てG310Rに教わった

2021年が終わり、2022年が始まりました。2021年のプライベートでのトピックは大型自動二輪のライセンスを取得したことですね。2020年に普通二輪免許を取得し、オートバイにリターンしました。そしてその気持ちを(急に)思い出させてくれたのは、他ならぬBMW G310Rでした。

2021年の秋から本格的にG310Rとの人生が始まりました。久しぶりのオートバイ、本当に楽しい乗り物でした。毎日がキラキラと輝くように感じられました。公道での走り方、曲がり方、止まり方、全てはこのG310Rが教えてくれました。そして、自分らしいオートバイにしていくプロセスが大事だということも、教えてくれました。

大型二輪はどんなものなのだろう

正直、G310Rに大きな不満はありません。あるとすると、

上には上がある(確実に)

という感覚だけです。

G310RはBMWモトラッドの入り口であり、その先には他にもぼくの知らない素晴らしい世界が待っている(に違いない)という気持ちを、ぼくは断ち切ることができません。日常を冒険にしていこう、というのがこのPOLYPHONYというウェブログの趣旨であり、人生をライドにしていこう(MAKE LIFE A RIDE)がBMWモトラッドのスローガンである以上、

今に満足せずもう少し先へ冒険していく

のもまた必然であると思うわけです。

自動車学校で乗った大型バイクの教習車はホンダのNC750でした。正直、乗りにくい、重い、疲れる車種でした。教習車に乗った後で自分のG310Rに乗ると、なんていいバイクなんだろう、と思ったものです。そんな訳なので、G310Rよりも優れた大型バイクでなければ乗る価値がないと思いました。

ぼくは57歳。あまり周り道をしている時間はありません。そしてぼくは、過去クルマから学んだのですが、2台、3台を上手に乗り分けることに向いていません。ぼくは1台と語り合うように長く暮らしていくスタイルが好きなのです。

そんな観点で大型バイクを探し始めて、ある程度の答えが見えました。それが答えだろうと思えました。新しい友人についてはまた今後紹介していこうと思います。

ぼくはオールブラックのG310Rを心から愛していた

ぼくのMacの「写真」アプリの中には夥しい数のG310Rの写真と動画があります。約1年の間にこれほどの量の写真や動画を撮るほど、ぼくはG310Rと時間を過ごしてきたのです。全ての瞬間に思い入れがあります。それらの写真や動画を辿りながら、ぼくとG310Rとの時間を一本の動画に編集しました。バカバカしいのですが、この動画を見るとぼくは涙腺が緩くなってしまいます。

いつの頃からか、ぼくはこんなことを思うようになりました。

オートバイとは、死にゆく魂と共にあるもの、ではないか

ぼくたち生者はまた「死にゆく者」とも言えます。
オートバイはそれに寄り添ってくれる存在。

ぼくの魂に寄り添ってくれたオールブラックのG310Rよ。
心からありがとう。

-WHEELS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

whyiride_roadbike

ロードバイクはいいぞ。オヤジが心と身体を健全に保つための最短ルートの趣味だ。

Contents ロードバイクは素晴らしい移動こそが現代のラグジュアリーオタク心が満たされる遊びながら健康になれるオヤジは全員ロードバイクに乗るべきロードバイクは素晴らしい ロードバイクを初めて購入し …

初めてバイク用のインカム導入。B+COM ONEを買ってSHOEI Z-7にインストールしてみた。

Contents インカムに興味はなかった急転、インカム買ってみたSHOEI Z-7にインストールインカムに興味はなかった 基本的にソロツーリングばかりしているぼく。まあ孤独を愛する変わり者、というの …

BMW_G310R

BMW G310Rの2020年モデルと2021年モデルを今一度比較してみたぞ。

Contents BMW G310Rに2021年モデル登場G310R MY2020/MY2021比較表BMW G310R 2020-2021の差異全体のディメンション車両重量エンジンの圧縮比BMW G …

オートバイばかり乗ってちゃ、この貧脚から抜け出せないぞ。久々の南房総ライド、俄然遅くなってて吃驚。

Contents 嫌な予感はしていたどうすればいいの?ライドの様子はこちらへ嫌な予感はしていた 週末は久しぶりに先輩の別宅に泊めてもらい、南房総ライドを楽しんできました。先日の若洲ライドが半年ぶりのロ …

Hanamura-mangetsu

オートバイに対する感受性に共通項を見出したよ。花村萬月『自由に至る旅』を読む。

Contents 花村萬月を知らなかったオートバイに対する感受性の問題死の気配オートバイに求められる知性自ら選択する孤独さあ孤独を愛する者よ、旅に出よう花村萬月を知らなかった 『自由に至る旅~オートバ …