POLYPHONY for the sophisticated people

Make Life a Ride / 日常を冒険に変えたいオヤジのための

WHEELS

さすがBMWモトラッドは進んでる。ディフィニションCE04の世界観がカッコいい。

投稿日:2020年11月17日 更新日:

電動スクーターで片付けられない予感

BMWモトラッドが2020年11月11日に都市型の電動スクーター、Definition CE04を発表しました。技術的なハイライトなどはひとまず横に置くとして、単純にモノとして、あるいはスタイルとしてかなりカッコいい世界観を持っているなと思うのです。

まずはメインビジュアルを見てみてください。

なんか、すごく未来的じゃないですか?新しい電動スクーターでーす、というノリではなく、新しいモビリティのスタイルを提案している、という勢いが感じられるのですよね。

2017年に伏線は貼られていた

今回のディフィニションCE04が「カッコいいじゃん!」とぼくの琴線に触れたわけですが、実はこのプロジェクトは既に2017年に発表されていました。このYouTube動画をご覧ください。

ここではConcept Linkという形で新しい電動スクーター型モビリティが提案されており、ビデオの中では次のような言葉が語られています。

  • Of course, it’s electric.
  • Of course, it’s intelligent.
  • Of course, it’s connected.

電気で駆動し、コネクティブで、AI化された形で自動運転技術が盛り込まれている都市型モビリティというコンセプトはここですでに完成されていました。

形は今回のディフィニションCE04の方が少し大人しい気がしますが、それだけ市販に近づいたと理解するようにします。しかしこのConcept Link、既にかなりカッコいい。そしてドイツで開催されたと思われる発表会では、BMW AGのプレジデント、デザイン部門のヴァイスプレジデント、BMWモトラッドのデザイン統括者などがそれぞれ込められた思いを語っていて興味深いビデオになっています。

モーターバイクを通じて未来を見通すという仕事にそれなりの投資を行っているメーカーはそれほど多くない印象をぼくは持っています。多くのメーカーは現在のモーターバイクが一部の人たちの趣味として生き残っていく未来しか見ていないようにも思えます。

その点でBMWは4輪はもとより、BMWモトラッドの2輪を含め、モビリティに嗜好性を残すための実験に意欲的に取り組んでいるメーカーに見えます。都市型2輪のマーケットをぼくが考えるよりも大きく需要予測しているのかも知れませんね。機会があったら、BMWモトラッドのマーケティングディレクターに将来の需要予測モデルについて聞いてみたいくらいです。

スタイルとしてのEB

そんな言葉は一般的ではないわけですが、

EB=Electric Bike

という概念を定義してみようと思います。

EVは一般化されつつあります。でもEBなんて言葉はないわけです。でもこのBMWモトラッドが発表したCE04はEBというスタイルを提案しているように、ぼくには思えるのです。

ミネラルホワイトにオレンジを挿し色にしたカラーリング。これも結構いい。EVはグリーンやブルーを挿し色に使いますが、EBはそれにもっとエモーションが入ってくるイメージ。とってもいいと思います。

ライディングアパレルも画期的。視認性を上げるレッドのパイピングはジャケットを温める機能も持っている模様。ボディと同じコンセプトでカラーリングされたヘルメットもあわせて、このEBに乗るスタイルを創り出そうとしているのがいい。

ヘルメットもボディにスマートに格納されます。これは2017年のビデオを見ると実にカッコいい。スタイリッシュな世界観だと思います。

BMWモトラッド、さすがだと思う

クルマを作り続ける。オートバイを作り続ける。いずれも意義ある仕事だと思います。しかしBMWはそれを自ら越えて行こうとしている。新しい移動の在り方、そのスタイル自体を創り出そうとしているとぼくには思えます。

つまり、

Make Life a Ride.
人生を、旅するように生きる。

そんな人生を支え、彩ることができるモビリティを創り出す、という使命感をBMWには感じるんです。

それが凄いと思うし、そういうメーカーだからこそ、何か新しいものが作れると信じるし、期待するわけです。ユーザーから期待され、それを凌駕するものを出していく、というのは大変な仕事です。

でもだからこそ面白い。

そう考えるモビリティ開発のプロがいるBMWにはやはり期待していいのではないかと思うのです。

新しいディフィニションCE04のプロモーションビデオはこちら。

でも正直、上の方にある2017年のConcept Linkを紹介する、Make Life a Ride.のVPの方がいいね。

-WHEELS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wakasu_cycling

東京随一の景観だと思う。ぼくのウィークリールーティンコースを紹介しよう。

Contents 週末は海を見に行く今日は40キロを走破。でも暑すぎますね。今日のライドを写真で振り返る週末は海を見に行く ぼくは東京の割と真ん中、港区麻布十番に自宅とオフィスをまとめた職住近接生活を …

小宇宙としての自動車。ポルシェ911カレラの魅力。

ぼくは所謂スーパーカー世代であり、自動車はある種の憧れ、いまでも無くてはならないものと考えています。過去十数台のクルマを乗り継いできて、いま濃厚な記憶を残しているのはやはりポルシェです。 購入したのは …

vitpilen401

ハスクバーナ・ヴィットピレン401に試乗。憧れの女性は見た目通りのドSだった。

HUSQVARNA / Vitpilen401 MY2020 Contents ヴィットピレンに憧れていた実車はやはり抜群にカッコいい憧れの女性はドSだったヴィットピレンに憧れていた 大人のための単気 …

My-g310r

おぉMY G310Rよ。納車前の愛車に会いにモトラッド目黒まで行ってきたよ。

Contents いつまでも置いてくれるらしい装着したアイテムたちRAMマウントブレーキペダルキジマヘルメットロックUSB電源アダプターグリップヒーターMy G310Rと感動のご対面いつまでも置いてく …

supercub110

世界累積販売台数1億台はダテじゃない。HONDA スーパーカブがスーパー気になる。

Contents スーパーカブが気になるスーパーカブはカッコいいカスタムカブがめちゃカッコいいスーパーカブには広大な世界があるスーパーカブが気になる いままでまったく気にならなかったのが、急に気になる …